Osaka × SDGs大阪×SDGs

SDGsに関する大阪の取り組み

SDGs(=Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す、17のゴール・169のターゲットから構成された国際目標です。大阪観光局は、国籍、人種、性別、宗教、文化、ハンディキャップ等にとらわれず全ての人が楽しめる観光の実現(観光地のバリアフリー化の推進、留学生が住みよいまちづくり、LGBTQを歓迎するインフラの推進等)、食におけるフードロスを最小化する取組みや、地産地消への取組みの創出・支援等、幅広い活動を通してSDGsの実現に貢献してまいります。

取り組み事例

みどり(自然・環境)

都市緑化の役割と2025年大阪・関西万博開催地としての役割を最大限に活かすため、壁面緑化・木質化・緑視率の向上などを進めます。新たなライフスタイルに植栽を取り入れる活動も実施します。

留学生

アジアNo.1の留学生都市を目指し、大阪府市・教育機関・企業・留学生支援団体とオール大阪で留学生を支援しています。

LGBTQ

LGBTQ旅行客が訪れたくなる観光デスティネーションを目指し、国際LGBTQ+旅行協会(IGLTA)と連携しながら、LGBTQ研修やセミナー、商品造成などを実施、受け入れ環境の構築と積極的なPR活動を実施しています。

・Visit Gay Osaka
・LGBTQ セミナー・マーケティング ご希望の事業者様へ

世界における「食のまち・大阪」のブランディングを目的に、様々な食関連事業者との連携により、食文化体験、周遊ルート開発など、食コンテンツ創造に取り組みます。また、世界に向けた積極的な情報発信およびプロモーションを実施します。

パートナー企業・賛助会員の取り組み

ダイバーシティ&インクルージョン

会社名 W大阪

W大阪ではLGBTQ+への理解を促進する為、外部講師を招いた講義を積極的に開催しタレント(従業員)への理解を深めダイバーシティな職場環境を推進しています。また、社内では、教育・地球環境・地域貢献・ファンドライジング・健康推進の5チームが自ら考え、直ぐに行動を起こす事ができるCSRチームを組織し、持続可能な開発目標SDGsへも貢献しています。

ホテルモントレでオリジナルワインづくり

ホテルモントレ 株式会社

ワインづくりは、ホテルスタッフの教育もかねて始まった取り組みで、ルーティンで社員が参加し来年4月の出荷を目指して行う一年がかりのプロジェクトです。実地研修を通してブドウづくりからワイン製造過程等の知識を習得し仕事への働きがいや責任感を構築し地域社会へ貢献してまいります。

紙でできるSDGs

株式会社栄紙業

プラスチックごみ削減を目標として紙製のハンガー・カラトリー・ストロー・ファイルなどデザイン性にこだわり日常生活で気軽にSDGsに多くの人々が取り組める商品を企画・仕入・販売しています。

空間デザイン、地域活性企画(まち散策『あの村の謎』企画・制作)

株式会社デザインクラブ

空間のデザイン・まちづくりのデザインを通して、地域のポテンシャルをバリューアップさせるお手伝いをいたします。また、流動人口の増加に貢献するため、そのまちに行って散策しなければ解けない謎解きゲームを、携帯電話やタブレットを活用し、企画しております。

屋上緑化プロジェクト

ハイアット リージェンシー 大阪

培地バッグを利用し場所を問わずサツマイモの栽培を可能とした「グリーンポテト・ライト」を宴会場屋上に導入し、屋上緑化により屋根の温度を下げ、空調のエネルギー効率の改善、ひいては電気消費量、CO2排出削減で気候変動の緩和に貢献いたしております。

Sustainable Travel

エミリアトラベル㈱(TravelArrangeJapan)

自然と環境に優しいエコツーリズムの推進、LGBTQフレンドリー、ユニバーサルツーリズムにも積極的に取り組んでいます。パンフレットやギブアウェイは環境に配慮した紙の使用をし、ガストロノミーツアーでは各施設と連携をしフードロスの削減を目指します。

咲洲こどもEXPO〜Think SDGS 笑顔がつながる、未来をつくる〜

アジア太平洋トレードセンター株式会社

ATCでは、地域の企業・学校・行政と共に、次代を担う子ども達がSDGsを楽しく学び・体験する「咲洲こどもEXPO〜Think SDGS 笑顔がつながる、未来をつくる〜」を多数のプログラムで毎年開催しています。

空港ラウンジでの食品ロス削減

JALスカイ大阪

大阪国際(伊丹)空港のJALスカイ大阪では、ラウンジでの食品ロス削減に取り組んでいます。それでも廃棄となるおにぎりやパンについては社員が堆肥化し、近隣保育園と交流しながら花卉栽培を行っています。お花を育てることが社員のメンタルヘルス向上にも繋がっています。

一覧を見る